◆オアシスのメンバーの活動がテレビで紹介されました。


◆御礼の手紙をいただきました。

 

拝啓
突然にお手紙を差し上げて、誰かと思われると存じますが、私、昨年白川公園の路上まで皮背広と翌日に毛布2枚を頂いたKです。
オアシスさんは私の命の恩人です。あの時、夏のジャンパー1枚で夜が寒く困っていました。私の見栄でパンを頂く列にも並ばず、貴方様が自動車に再度戻られた時に、勇気を出してお願いしたら、貴方様は心良く、明日午後1時半にこの場所へ着るものを持って来て下さると云われ、あの時は本当にうれしく涙が出ました。ホームレスを余りやった事のない私には、貴方様の行動に心より感謝しています。又、翌日電話したら、毛布2枚を持ってきて下さって、私は助かりました。
あの日から4日程、科学館・白川公園にいましたが、風邪をこじらせして、区役所の世話で大久手の吉田病院と守山の紘仁病院に入院しました。以前より心臓病の持病が有りましたので入院した次第です。(退院平成3年2月2日)
今年2月2日に千種区の福祉課のお力添えで、瀬戸市養護老人ホームT荘へ入荘します。
今日あるのも、あの時に助けて下さった貴方様がいたからこそ、心より厚く御礼を申し上げる次第です。私、この時期は死を思考の連日でした。貴方様にお会いできて助かり、生の望みを持つ様に成り、今日に至っています。あのときに貴方様にお会いできていなかったら自殺をしていたと思います。貴方様は私の命の恩人です。本当にありがとうございました。
2月2日より、着の身着のままT荘に入荘しますが、今後は少しでも長生きできるように歩んでいきます。
私には少額ですが、年金(月額8万円)があるので、区役所の方も老人ホームを探して下さったと思います。
私は66才です。毎月少しでも貯金をしてホームでない住いを探していきたいと思いますが、何年かかるかわかりませんけど、一生懸命に生きていく所存です。
少し余裕ができましたら、貴方様の所に御礼に伺います。本当にありがとうございました。
又、ボランティア活動にお力を入れられて感謝しますが、貴方様御自身の御体にも十分に気をつけてください。
愚筆ですが、御礼申し上げ方々御報告まで。
早々